読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿屋_おおそうじ

ことぶきやが家や会社や掃除中に思ったことを書き留めるところ

バットマン:ブレイブ&ボールド#8「ブルービートル危機一髪!」

原題「Fall of the Blue Beetle!」

アバンタイトル

二代目ブルービートル=テッド・コードは先代から受け継いだビートルの力は引き出せなかったが、自身の発明と内なる努力をもって悪と戦うヒーロー。バットマンと二人互いの発明品を解説しながら悪の組織に潜入してゆく。
催涙ボム、低周波レーザー、レーザー反射鏡…さまざまなアイテムも大事だが悪と戦うにはなにより強靭な拳がものを言う!!

本編あらすじ

現代のブルービートル=ハイメ・レイエスは疑問に思った。自分はヒーローとなる運命を持っているのか?それとも偶然ビートルに選ばれただけの「ただの中身」なのか?
バットマンに聞いてもなしのつぶてであることに業を煮やしたハイメはビートルの赴くまま先代のブルービートル基地に導かれていく…

感想

先代に導かれるまま隠された島へと赴くハイメ。そこではビートルの力を悪用せんとする科学者ジャービス・コード(テッドの叔父にあたる)が世界征服の準備を進めていた。

ジャービスの野望をたたく中でヒーローとして一皮向ける三代目ブルービートル=ハイメ。先代が自らを犠牲にして散ったという事実を受けヒーローとしての自覚に目覚めるシーンは平凡ながらも真っ直ぐつきささります。

ジャービスがビートルの力で起動させたロボットはどんぐりボディにパイプの手足という20世紀前半のロボットデザイン。ビートルの飛行船といいB&Bの画調にはこういうクラシカルなロボットが似合うのです。

スポンサーリンク