読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿屋_おおそうじ

ことぶきやが家や会社や掃除中に思ったことを書き留めるところ

よつば村に行ってじりじりと人狼を楽しんできた話

2/24はひささん(@hisa_06)主催の「よつば村射撃倶楽部」に参加して対面人狼をやってきました!歯痛の中とり仕切りしていただいたひささん、GMしていただいたいたちさんにはこの場を借りて感謝申し上げます!

今回は初の人狼エントリーなのですが、書くのが難しいと評判の人狼ネタながら、自分なりに気付いたこと、思ったことをログに納められればと思っています。
人狼って何?ということはこちらをご一読いただければ
人狼BBS まとめサイト - 基本知識
不倒城-「外から観戦する時」の人狼の楽しみ方について色々書いてみる

【1戦目】

21人村(村人11、占1、霊1、狩1、共2、狼4、狂1)

初回ということで第三勢力なしのシンプル村。個人的には4狼なんて良くわからんなあ、と思いながら参加者の雰囲気は「狼不利な〜」と緩い感じ。
自分の役職は狩人。基本は「食べられそうな人を守る」もっと具体的に言うと「村側役職で確定した人を守る」というところ。

初日

占いを出そうという話になり、COしたのが三人
「ていねさん→りのさん●」
「なすけんさん→チゲさん○」
「ぺらねこさん→チゲさん○」
と早々の黒出し。

共有はむーろんさん、霊能はつっちーさん一人ということで確定。初日は黒出されりのさんを吊って霊能で確認すればOKということになって夜へ。自分はさっき考えた「村側役職で確定した人を守る」を順守して霊能つっちーさんをガード。

二日目

翌朝、無残にもかみ殺されていたのは…ていねさん。二日目の会話の中で誰かのこんな一言が

「真占いの可能性が高いていねさんをガードしなかったってことは、狩人は良くわかっていない初心者の可能性が高いね」

がーん。ちょっと考えれば霊能判定で「りのさん黒が判明」→「ていねさん真占い確定」の流れなんだから狼が食いに来ることは自明だったわけだ。むーん、自分の中でセオリーを決めていただけに柔軟さに欠けてしまったか。

三〜四日目

その後なすけんさん、ぺらねこさんと順に吊り。霊能判定は○●で狂人・狼2も吊り完了。偽占いが白出ししていたという理由でれとれとさんを吊って3匹めの狼も退場。ちなみにこのときれとさん指名をしていたことを主張して白印象を補強。これはちゃんと機能したと実感。

対して狼側の襲撃はむーろんさん、ともよしさん、ルネさん。狩人の自分はこうなったらブレることなく霊能ガード一択。これが後に功を奏する。

五日目以降

村サイドは吊り候補が居なくなったためグレーの人から吊り。僕自身も判断材料が無いため、寡黙を理由にふじわらさんを指名し続ける。狼の襲撃は無し、ひささん、チゲさん、無し。なんとGJ×2。これには残った村人も狩人が仕事した!というより狼の襲撃基準がわからないと不思議顔。

結局九日目にいためしさんが吊られて狼全滅。ちなみにこの昼にとにざぶろうさんの「翌日狩人は名乗り出ましょう」発言に僕がわかりやすく食いついていたらしく、いためしさん曰く「この晩に狩人(寿屋)を食って、狩人名乗り出ようと思ってた。悔しい」とのこと。

自分視点総評

初日のガードといい、グレー吊りになってからの判断基準といい、やはり自分は思い込んでしまうと視野が狭くなってしまってるなーと実感。こうやってまとめを書き出してみると考えの道筋が見えるところもあるけど、ゲーム中にそこに気づけないのが永遠の初心者なところだと思いました。

長くなったので二戦目は別の日に書きたいと思います。人狼むずかしたのしい!!

スポンサーリンク