読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿屋_おおそうじ

ことぶきやが家や会社や掃除中に思ったことを書き留めるところ

単に目立ちたがりな私の場合

よく拝見しているブログ「しゅうまいの256倍ブログ neophilia++」さんにてこんな記事が掲載されていました。
相貌失認(失顔症)の人がして欲しい配慮ポイントのお願い | しゅうまいの256倍ブログ neophilia++

私自身は相貌失認ということは無いのですが(物忘れは激しいのでしょっちゅう名前を聞きなおすことは多いです)、こちらの記事をみて「お願いされなくても自分からやりまくってるなあ…」と感じること多数でした。
まあ、自分の場合は自己紹介が好きというだけなのですがね。拝見した記事に乗っかる形で書いてみたいと思います。

よく名札をします

自分が行くオフ会には大抵名札が用意されているので常に身につけています。もし無かった場合を考えて自前の名札をかばんに忍ばせてもいます。

よく名乗ります

アナログゲーム系の集まりなどでは卓のメンバーが入れ替わることが良くあります。始めるときに聞かれてなくとも名札持って「寿屋です。おねがいしまーす」とか喋っていますね。

座席表には自信がありません

これはこういう会に遭遇したことが無かったから何とも言えません。ただ、飲み会などではつい色々な人と話そうと席を変えまくってしまうタイプです。

顔を覚えていないので良く名前を聞きます

人によってはちょっと抵抗があるかとも思いますが、記憶力に自信のない自分は良く名前を聞きます。得意の鈍感力ですね。聞きにくい場合は他の人に確認したりもします。確認しておきながら結局接しないということもしばしば。

人によって程度の差がありますね

元記事とは視点が違ってしまっていますが、「相手の顔と名前を認識する」ことに重きを置く/置かないというのは人によってあるので、自分が自己紹介して空振りしたなんて思いも何度もしています。逆に名前を聞かれるっていうのは嬉しいことだと感じます。


元の記事は「相貌失認」という事象について説明しているのに対して、こちらは自分のことをつらつら書いているだけですね。どれだけ自己紹介が好きなんだって感じです。ちょっと行儀が悪かったとも思いますが、相手が自分のことを覚えてようがいまいがいつでも初めましてな気分の人もいると言うことが書けたら良いなあと思いました。こんなところで。

スポンサーリンク