読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿屋_おおそうじ

ことぶきやが家や会社や掃除中に思ったことを書き留めるところ

ブログを100日続けたところで、何も変わらない

ちょっと釣りタイトルを付けてみました。
正確に言うと「ただ続けることだけを目的としたら、100日やろうが1000日やろうがそれは『続けた』以上のことは無い」ということがわかったのです。


2月から毎日更新しようと決めて続けてきたこのおひっこしですが、昨日で100日に達成しました。
きっかけはどちらかのブログで「ブログを始めたら3ヶ月間は毎日更新仕様」という言葉を見かけたからでした。「100日続けると自分もブロガーになれるのか」と思いとりあえず100日間毎日更新することを目標に書き続けてみました。

ですが、100日続けたところで人気者になったわけでも、文章力が上がったわけでも、収入が増えたわけでもありませんでした。ただ「100日続けた」という結果が残っただけですね。やはり人気者になりたければ人を引き付けるネタを見つけたり、文章力を上げるならそれに即した書き方を毎日実践したり、収入を増やしたかったらアフィリエイトブログをやったりしなければいけないわけです。つまり「目標を持って行動をしないと、目標には近づかない」ということなのですね。当たり前ですね。

そういう意味では自分は目標を達成できたのかもしれません。それは「ブログを書くならまず100日続けよう」という18文字のみを鵜呑みにしても意味がないという事を証明できたのですから。


さて、こう斜に構えてことばかり書いていても意味がないので、100日続けて自分なりに感じた事を書いてみたいと思います。

まず観測は無しで始めた

アクセス解析等々はやった方が良いのだろうと思ったのですが、まずは続けることが先だと思って手を付けませんでした。途中からはてぶでセルフブックマークを付けたのでそこからクリック数だけは見ることができました。

好きなことはコンテンツになる

X-FACTORの紹介記事ですね。やはり「自分が興味無いけれど話題になったいるネタ」よりも「話題なんてなってはないけど自分が書きたいネタ」の方が手が動きます。

書きたいと思うことほど時間がかかる

そういいつつも好きなものの紹介というのは、ついこだわりが入ってしまい時間がかかります。それが楽しくもあるのですが、時間を取られるのは歓迎できないところではありました。

休日は更新できない

自分の生活リズムなだけですが、休日はパソコンに向かう時間が取りづらいので更新が凄く大変でした。家族にもちょっと良く思われない場面もありましたし。逆に平日は「昼休みの昼食後30分」と時間が決まってるので動き出しやすかったですね。

人は来ない

アクセスを確認していないので正確なところはわからないのですが、反応のようなものはほとんど無かったですね。とか書こうとしたのですが、一個だけやたらとはてなブックマークを集めてしまった記事があって、何が受けるのか良くわからないものだなあという小学生並みな感想を残すこととなりました。



何も得るものは無かったという割には思うところはいろいろ有ったのですね。こうやってひとネタかけただけでも「100日続けろ」には意味があったということでしょうか。ちょっと敗北感。

スポンサーリンク