読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿屋_おおそうじ

ことぶきやが家や会社や掃除中に思ったことを書き留めるところ

バットマン:ブレイブ&ボールド#26「団結!アウトサイダーズ」

原題「Inside the Outsiders!」

アバンタイトル

またもキャットウーマンの罠にはまり虎の餌寸前のバットマン&グリーンアロー。しかしそんな状況にもかかわらずイチャイチャ気味なバッツ&キャッツにとほほなGアロー。
キャットウーマン「あなたも悪についていたならコンビを組めたのに」
バットマン「私は正義に生きる!だが正義はいつでも新メンバーを歓迎する」

本編あらすじ

サイコパイレートに捕らわれたアウトサイダーズの三人。カタナ、ブラックライトニング、メタモルフォはそれぞれ悪夢を見させられ怒りのエネルギーを吸い取られていた。助けに現れたバットマンもまた悪夢の世界に乗り込んで行くが…

感想

#6、#20に続きアウトサイダーズ三回目の登場。今回はそれぞれのトラウマ、コンプレックスを刺激され怒りのエネルギーを吸い取られている。カタナは自分の過失から師匠を失ってしまったトラウマ。これはヒーロー物としては定番。Bライトニングは「いい大人がコーヒーに飾り砂糖いれてるんじゃねぇ」「紙袋1個の買い物にでかい車乗り回すな!」「幼児番組のぬいぐるみ!気持ち悪いんだよ!!」とまさに中学二年生的な怒りを周りに振りまきまくってますw。そして普段はもっとも温厚なメタモルフォはその人間離れした外見のコンプレックスを突かれ3人の中でもっとも怒り暴れまくる。二人の仲間の必死の説得で治まるものの、普段おとなしいヤツほどキレると怖いの法則が遺憾なく発揮されてます。
そして現実世界に戻ったバットマンの目の前でアウトサイダーズの三人は処刑されてしまう!だがこれこそがバットマンの悪夢で「正義の怒り」をサイコパイレートに吸われてしまうことに。怒りのエネルギーを出さずにサイコパイレートを倒すには…幸福感だ!と幸せな気分いっぱいでサイコパイレートをボコりまくるバッツ(´Д`;)それでいいのか。装置を破壊するほどの幸福感でサイコパイレートをKOしたバットマンのスッキリ顔で今回はおしまい。

スポンサーリンク